TOKYO REISM NIGHT
イベントレポート

ビールおねえさんと学ぶ “クラフトビール入門”
~「とりあえず」から「とっておき」のビールへ。オトナの乾杯スタイル~

TOKYO REISM NIGHT ビールおねえさんと学ぶ “クラフトビール入門” の様子1

11/13(水)、大人気の「クラフトビール」をテーマに、日本ビール検定1級を保持し、ビールおねえさんとして活躍中の古賀麻里沙さんと、Y.Y.G Brewery & Beer Kitchenチーフマネージャーの伊ヶ谷太郎さんをお招きしました。厳選したクラフトビール5種をペアリングしながら、クラフトビールの味わい方を学び、飲み比べ後は商品開発ワークや参加者同士の懇親会を開催しました。

クラフトビールとは?

イベントのスタートはビールにまつわるクイズから。古賀さんが出されたのは「ビールは大麦とホップと水だけで造るべし、と記されたビール純粋令という法律がある国はどこか?」という問題。みなさん次々と手を挙げていき、見事正解のドイツを言い当てました!みなさんのレベルの高さに古賀さんもびっくり。クイズが終わると改めてクラフトビールとは何かをお二人は詳しく話し、みなさん興味津々で聞いていました。

TOKYO REISM NIGHT ビールおねえさんと学ぶ “クラフトビール入門” の様子3

5種のクラフトビールとペアリング

クラフトビールについて基礎知識を学び終えると、遂に飲み比べとペアリングの開始です。今回は伊ヶ谷さんオススメの5種のクラフトビールを用意し、1つずつ飲み進めながらビールの特徴をお二人から伺いました。また古賀さんが得意とするおつまみとのペアリングもあり、各ビールと相性抜群の料理がREISM STANDから振舞われました。ペアリングのポイントは3つ!1つ目はビールと料理の色味を合わせる、2つ目はビールと料理の発祥地を合わせる、そして3つ目はビールと料理の味わいを合わせること。特に人気が高かったビールは、すっきりした飲み口でバナナやクローブのような香りが特徴のホワイトノイズ。酸味の強いビールに合うように登場した「きのこのマリネ」はさっぱりした口当たりで、味わいをと合わせることでビールがどんどん進みます。

TOKYO REISM NIGHT ビールおねえさんと学ぶ “クラフトビール入門” の様子4

商品開発ワーク

飲み比べの後は参加者同士でチームになり、クラフトビールのメニュー開発ワークショップにチャレンジ。商品名にキャッチコピー、買ってもらいたいターゲット層を定めて、味の好みや特徴、加える食材を決めていきます。あるチームは「恋もサッカーも戦術が大切」をキャッチコピーに、ザクロとパクチーを加えたクラフトビール「ザックローニ」を考案。言うまでもなく、サッカーの元日本代表監督ザッケローニ氏にかけたネーミングです。ターゲットはクセが強い若い男女。これには古賀さんと伊ヶ谷さんも感激!発表された案の中からY.Y.G Brewery & Beer Kitchenで商品化するメニューがあるかも。

TOKYO REISM NIGHT ビールおねえさんと学ぶ “クラフトビール入門” の様子4

クラフトビールと一緒に懇親会

イベントラストは当然のようにクラフトビールで乾杯する懇親会です。今回飲み比べた5種のクラフトビールを飲み放題でご用意。ビールに合う料理として葡萄牛のステーキも登場し、みなさんほろ酔い状態で和気藹々と盛り上がりました。

◀ イベントレポートTOPに戻る