HOME  >  WORLD LIVING  >  アーティストの夢を叶えたいならここ!ロサンゼルスで人気のストリート/ポップアーティストに訊く、夢の叶え方|WORLD LIVING ロサンゼルス編 vol.4

アーティストの夢を叶えたいならここ!ロサンゼルスで人気のストリート/ポップアーティストに訊く、夢の叶え方

宮原亜矢 
ロサンゼルス在住ライター。ラジオ、雑誌、テレビ、ウェブなど様々な媒体で洋楽(主にロック)を紹介。2000年代前半から毎年1−2回は欧米のフェスやコンサートに足を運び、フォトグラファーを兼任することも。2011年から拠点をロサンゼルスに移すと、米中西部出身のアメリカ人と砂漠で出逢って国際結婚、コンテンポラリーアートを紹介する業務にも着手するなど良い意味で想定外の人生を歩むことに。様々な面で文化の壁、言葉の壁にぶつかりながらもLife Is Beautifulを実感している。 
インスタグラム:https://www.instagram.com/ayarchyintheus/ 
ツイッター:@ayamiyahara

ロサンゼルスで人気のストリート/ポップアーティストに訊く、夢の叶え方 イメージ1

コロナウイルス感染者拡大に伴う外出禁止期間が延長しているアメリカ・ロサンゼルス。そんな日々から解放されればいろんなところに出掛けたい、という思いが日々どんどん募っている今日この頃です。
ロサンゼルスの観光スポットといえば、ビーチ、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム、グルメなど様々ありますが、アートも見所のひとつ。実はロサンゼルス郡には840もの美術館・アートギャラリーがあるそうです。

ロサンゼルスのギャラリー探訪には欠かせないロサンゼルスカウンティー美術館(LACMA)。夜になるとさらにロマンティックでウェディングフォトを撮るカップルも珍しくないのがクリス・バーデンによるスカルプチュア作品“Urban Light”。

美術館やギャラリーを訪れて作品に触れるのも楽しいのですが、ストリートアートに寛容なこともあり、至るところでウォールアートを楽しめるのもロサンゼルスの魅力。そこから人気が出てコンテンポラリーアートシーンで注目を集める人達も少なくないのです。
今回ご紹介するThe Producer BDB(以下BDB)もそんな中の一人。美大に通ったわけでもなく、美術展で輝かしい成績を収めたわけでもない彼ですが、サラリーマンの生活を捨てて今はアートだけで生活。アートバーゼル・マイアミなど有名アートショウにも作品が毎年展示され、セレブ顧客も多数!アディダスやデルタ航空などのグローバルカンパニーから作品制作の依頼を受けるほどの成功を収めています。最近では日本のBリーグとのコラボ日本酒のラベルデザインも手がけています。

そんな彼のスタイルは多くの人々に愛されるセレブリティーが現代のストリートファッションを纏わせるというもので、彼自身が影響を受けている音楽、宇宙科学、歴史なども脳内で融合させるという、オリジナリティ溢れるもの。これまでにかのリアーナが彼の作品にいいねを押し、クリス・ブラウンやゼンデイヤなど、数多くの人気セレブから注目を集めているんです。

ロサンゼルスで人気のストリート/ポップアーティストに訊く、夢の叶え方 イメージ2
ロサンゼルスで人気のストリート/ポップアーティストに訊く、夢の叶え方 イメージ3

BDBの主な作品。マリリン・モンロー、草間弥生、ジャン・ミシェル・バスキア、そしてカール・ラガーフェルド

まさにアメリカンドリームを実現した男性なのですが、そんな彼が語るロサンゼルスのアートシーンの魅力、彼の成功の秘訣、アーティストとしての夢を叶えたいと願う日本のみなさんにメッセージをもらいました。

ロサンゼルスで人気のストリート/ポップアーティストに訊く、夢の叶え方 イメージ4

BDBが元NBA選手で今年事故死したコービー・ブライアント選手とその娘で同事故により亡くなったジアンナさんを追悼して描いたウォールアート。何人もの人がSNSでこのアートと写真を撮って投稿しています

「ブラジル旅行から戻った頃、僕のいた会社の部署だけが閉鎖することになったから、まるで(辞めることが)運命のように感じて、“うわ!またブラジルに戻ろうかな”なんて考えたよ(笑)。(当時勤めていた)ファイナンシャルの会社を辞めるように自分の気持ちを向かわていた部分はあったけれど、じゃあ次に何をするかという具体的な策もなかったし、なんだかんだファイナンシャルの仕事をこなしていたしね。でも、貯金もある程度あったから夢を叶えようと思ったんだ」

そう思い立ったのが2012年のことだったというBDB。「僕の(会社員としての最後の日が)2012年12月1日だったよ」と正確な日にちも覚えていたことに感心した私に「僕にとってビッグデイだったからね」と振り返ってくれました。その後本当にブラジルへ戻った彼は色々とトラブルがあったらしくお金が底を尽き、友人の家のソファーに寝泊まりしながらバックパックでアルゼンチンやパラグアイなど南アメリカを何時間もバスで旅をしたそうです。

「その旅の間に自分自身と向き合い、何がやりたいのか考えることができたんだ。アーティストになりたいということは分かっていたんだ。だけど、いかにしてその夢を形にするかっていうことが分かっていなかったんだ。アートスクールに行きたいなとも思ったんだけど当時インスタグラムなどのソーシャルメディアで他のアーティストがやっていることを見て、どこにギャラリーがあるのか、どこで他の人がアート作品を販売しているのかを知って、僕もアートの世界に入って行ったんだ」

成功のカギはコネクション?

ロサンゼルスで人気のストリート/ポップアーティストに訊く、夢の叶え方 イメージ5

その後ストリートアートを描き続けていたという彼は、アートのバイヤー兼ストリートアーティストの友人からメルローズ(LAの人気ファッションストリート。沢山のストリートアートが描かれていることでも知られる)のサイドウォークにアートを描けると教えてもらった彼は早速足を運んで作品を描き、それをとあるマガジンが取り上げたとのこと。さらに、その友人の友人で写真家の女性がBDBとコラボを希望して、彼女が提携していたギャラリーとの繋がりが出来たということ。つまり、コネクションが彼の成功を後押ししてくれたということになる。

「もちろん、才能があることが大前提だよ。無闇に飛び込んだところで才能がなければ意味がない。アーティストであることに情熱的であること、寛大であること、そして開放的であること、そして勤労であることが大切で、クライアントが安心して作品制作を託せるようなアーティストでいれば、良好な関係が築けると思う。アーティストならば作品に対して誠実でいるべきだ。アートは現実を映し出すものだから、出来るべくして形になると思う」

アーティストにとって世界最高のドリームランドだって断言できるよ

ロサンゼルスで人気のストリート/ポップアーティストに訊く、夢の叶え方 イメージ6

「良い点は沢山のアーティスト、ギャラリー、ミュージシャン、俳優たちがいて、イベントなどクリエイティブなことが常に起こっているし、チャンスを掴む機会や他のクリエイティブな人達とのコネクションに溢れていて、お互いにサポートしやすい環境にあること。反面、競争が激しいのは人によって好き嫌いが分かれるかもしれないよね。でも総じてLAはアーティストが年間を通じて過ごすには良い場所だよ。年間通して天気がいいし、常にイベントが行われているし。日本のアーティストにとってもリトルトーキョーやジャパンタウンといった場所がある。シーンは常に変化しているから作品を持ってきてくれれば歓待してくれると思うよ。LAアートショウなどのアートコンベンションもあるしね。LAには沢山のチャンスがあるよ!」と語るBDB。先述したようなデルタ航空とのコラボ(ロサンゼルス空港とハワイ・ホノルル空港のデルタスカイラウンジに作品が展示中)やアディダス、そして他にはマーヴェルコミックの、故スタン・リーとの大きなコラボも至ってナチュラルに人の縁やインタネーットを介して繋がって行ったとのこと。インターナショナルなアーティストの第一歩を踏み出す場所としてLAはチャンスに溢れているんですって!
「LAはミュージアムやギャラリーが沢山あるだけでなく、ここに住む人々がアートをとってもサポートしてくれる。アーティストにとって世界最高のドリームランドだって断言できるよ。それにアニメや映画のスタジオも沢山あるから才能あふれた人が大勢住んでいるからネットワーク構築にも最適だし。ニューヨークも素晴らしいけれどLAと比べれば少しオールドスクールかも。LAはここ5年で急成長しているし、何といってもLAは年中気候が最高だしね」

最近はヴィンテージアイテムを中心としたサステイナブルなアイテムに1点ずつ手描きでグラフィティなどを施したアイテムで気候変動の改善にも尽力しているファッション・プロジェクト、No//Otraも人気のBDB。彼のクリエイティヴィティとチャレンジは留まることを知りません。

ロサンゼルスで人気のストリート/ポップアーティストに訊く、夢の叶え方 イメージ7

最後にBDBから日本で夢を追い求めているアーティストの方へメッセージをもらいましたのでご紹介します。

「大切なことは、夢を叶える努力を続けてほしいということです。あなたが世界に発信したいメッセージを持つこと、自分自身に正直であり続けること、その日1日で最高のパフォーマンスを心がけて制作に励んでください。世界に目を向ければチャンスは沢山転がっています。私達は繋がっているので、いろんな国や場所を旅して、より良い人になれるよう周りの人を助けて、かつより素晴らしいアーティストになってください。常にやる気を持って、勤勉で、素晴らしい作品を残した先人たちから学ぶことで将来のあなたのアートワークをより進化させてください」

The Producer BDB:
ホームページ:https://www.theproducerbdb.com
Instagram:https://www.instagram.com/theproducerbdb/
BDBのファッション・プロジェクト No//Otraホームページ:https://www.nootra.art
Bリーグとのコラボ日本酒プロジェクト商品ページ:https://drinksakeofpeace.com

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP