HOME  >  REISMなOkane  >  銀行口座はどこで作る?損をしないために覚えておきたい銀行の選び方

銀行口座はどこで作る?損をしないために覚えておきたい銀行の選び方

社会人であれば、ほとんどの人が当たり前に持っている銀行口座。どの銀行に口座を作るかによって、利便性が変わってしまうことをご存じだろうか。自分が持っている銀行口座について、なぜその銀行を選んだのか説明ができない人は、ぜひ、意図的に銀行を選ぶことについて考えてみよう。
ここでは、銀行口座を選ぶにあたって知っておきたい基礎知識を紹介する。

銀行の種類

銀行を選ぶためには、まず、どのような銀行の種類があるのかを知っておく必要がある。現金を預けることのできる金融機関を特徴ごとに分類すると、次のようになる。

都市銀行

都市銀行とは、全国に支店やATMがある規模の大きい銀行のこと。主要都市には、ほぼ必ず支店があるため、頻繁に引越しをする人でも、引越し先の近くに店舗がなくて困るということが起こりにくい。

地方銀行

地方銀行は、本店を構える地域に密着している銀行を指す。地方銀行の支店は、全国に広くネットワークを作るのではなく、一定のエリア内に集中している。地域住民や企業に対するサービスが充実している傾向が強い。その土地に長く住むことがわかっている人や、その土地で起業したい人に適している。

ネット銀行

ネット銀行は、インターネットが発達したことで生まれた新しいタイプの銀行である。実店舗がほとんどないケースが多く、インターネット上やATMで取引きが行われる。店舗の運転コストを抑えることで、預金金利をほかの銀行よりも引き上げたり、手数料を無料にしたりといったサービスを充実させている。

その他の銀行

郵便局が行っていた郵便貯金事業から通常の銀行に転換した「ゆうちょ銀行」や、世界的な金融グループによって運営されている銀行など、上記の3つのタイプにはあてはまらない銀行も少数ながら存在している。中でもゆうちょ銀行は、全国の郵便局で取扱いがあり、ATM数は国内最多となっている

銀行以外の金融機関

そのほか、地域住民の協同組織である信用金庫や、農業協同組合が運営するJAバンクなど、銀行と同様にお金を預けることができるものの、銀行という組織ではない金融機関も存在している。

銀行口座を使い分ける

銀行口座は、メインバンクとサブバンクというように、複数を使い分けることで、より便利に活用することができる。複数口座を持っているにもかかわらず、ほとんど使っていない銀行があったり、目的意識を持たずに適当に使い分けていたりするのは、もったいないことだと自覚しよう。

普段使い用の口座(メインバンク)

最初に考えるべきなのが、普段使い用の銀行口座をどこにするか、ということだ。この口座は、メインバンクと言い換えることもできる。

基本的にメインバンクは、給与の支払い先として指定している口座を使うのが一番わかりやすいだろう。家賃や光熱費の引き落とし、クレジットカードの支払いなどをこの銀行に設定しておくことで、1ヵ月のお金の流れがひと目でわかるようになる。

例えば、給料日に20万円が入金され、翌月の給料日前日に20,000円が残っていれば、20,000円の黒字であったということになる。細かい家計簿をつけていなかったとしても、生活費の支払いを1つの口座にまとめることで、実際にいくら使っているのかの目安を知ることができるのだ。

預金用の口座(サブバンク)

もうひとつ作っておきたいのが、預金のための口座だ。これは、サブバンクという位置付けになる。

普段使い用の口座と預金用の口座が同じだと、「ついつい使いすぎてしまってお金が貯まらない」ということが起こりやすくなる。純粋な貯金と、将来の支払いに充当するための金額の境界線もあいまいになってしまうだろう。メインバンクとサブバンクの2つを用意することで、こうした事態を回避できる。

預金用の口座に入れたお金をどのような位置付けにするのかは、最初に自分なりのルールを決めておこう。大型家電の買替えや車検、賃貸マンションの更新など、「使ってもいいケース」をあらかじめ定めておくと、「普段の生活費が足りなくなった」といった理由での取り崩しを防げる。

もちろん、「預金用の口座には一切手をつけない」というルールでもいいだろう。大切なのは、自分で決めたルールをきちんと守るということだ。

資産運用のための銀行口座

最後に、メインバンク、サブバンクのほかに、資産運用のための銀行口座を挙げておく。

資産運用のための口座は、ほかの口座とは切り離し、お金を増やすためだけに使用する。メインバンクやサブバンクは、引き出しや預け入れといった資金移動が行われるが、資産運用のための口座は、一度入金した後は運用を行うだけで、頻繁な引き出しや預け入れはしない。

口座を開く銀行の選び方

「メインバンク」「サブバンク」「資産運用口座」の3つの口座をどこの銀行で作るべきなのかを考えるとき、意識すべきポイントは異なる。それぞれの目的に沿った銀行の選び方を見てみよう。

メインバンクの選び方

メインバンクを選ぶときは、利便性の高さを一番に考えるべきだといえる。会社や自宅の近くにATMや支店があるかどうかや、利用する際の手数料などはどうかといったことに主眼を置こう。また、勤務先によっては給与振込口座を指定される場合がある。このようなときは、普段使い用の口座が自動的に決まることになる。

サブバンクの選び方

ある程度まとまった金額を長期的に預ける可能性が高いサブバンクは、利息が高いところを選ぶのがおすすめだ。メインバンクとのあいだでお金のやりとりが想定されるため、移動が便利な銀行を選ぶのもいいだろう。また、いざというときに資金が引き出せなくて困るといったことがないよう、ある程度の利便性も必要となる。

資産運用口座の選び方

資産運用のための口座は、利率の高さや各種手数料の安さなど、コスト面を意識して選びたい。投資を行う予定がある人は、利用したい証券会社のグループ金融機関がおすすめだ。資金移動が簡単な上に、証券会社口座を開設することで、高いサービスを受けられる銀行も少なくない。

ライフスタイルに応じて使い方を変える

メインバンクやサブバンクは、一生のあいだ、必ず固定されているという類のものではない。ライフスタイルに応じてそれぞれの口座の使い方を変えたり、新しい口座を開設したりすることもある。
口座を活用する上で、知っておいたほうがいい事柄をまとめてみた。

第4の用途「借りる」

普段使い、貯める、増やすにプラスされる4つ目の銀行口座の使い道に、「借りる」がある。特に住宅ローンは、住宅を購入する人の多くが利用するものだ。

住宅ローンを借りる銀行口座は、給与振込口座としても利用するケースが多い。もちろん、そうしなければいけないということではないが、利便性を考えたとき、「住宅ローンを有利な条件で借りられる口座をメインバンクにする」という選択肢をとる場合もあるだろう。

預金保険の対象は1銀行あたり1,000万円まで

銀行に預けている預金は、外貨預金等の一部の金融商品を除き、銀行が破綻した際に預金が保護される預金保険の対象となる。しかし、この保険の対象となるのは、1つの銀行あたり1,000万円までだ。
そのため、貯める、増やすという用途に使っていた銀行の残高が1,000万円を超えた場合は、別の銀行に分散させて預けたほうが安心であるといえるだろう。

銀行口座を賢く使うことが家計管理に役立つ

銀行口座は、使う、貯める、増やすといった目的に応じて使い分けることが大切だ。口座の用途を分けることで、大まかな保有資産の残高やお金の動きを把握しやすくなる。銀行口座を賢く使い分けて、節約や資産運用、家計管理に役立てよう。

ただし、結婚や転職など、ライフステージによって銀行の使い方は変わってくる。その時々に応じた最適な銀行の使い方ができているかどうか、随時見直すことも大切だ。

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP