HOME  >  REISMなMono  >  DRAW A LINE -ドローアラインで部屋のすき間をクリエイティブな空間に

DRAW A LINE -ドローアラインで部屋のすき間をクリエイティブな空間に

部屋のデッドスペースを活かす、新しいインテリアツール「DRAW A LINE – ドローアライン」。ミニマルなデザインと、ネジや釘を使わず、簡単に取りつけができる点が好評を得ています。また、キャスターや照明、シェルフなど、組み合わせられるパーツが豊富なため、さまざまな使い方が可能です。

今回は、リズム株式会社の公式通販REISM SELECT(リズムセレクト)の担当者が、ドローアラインを使用した空間づくりについて解説します。

一本の線からはじまる新しい暮らし -DRAW A LINE(ドローアライン)-

ドローアラインはデッドスペースを活かす新しいインテリアツール

「1本の線からはじまる、新しい暮らし」というコンセプトのもと作られたドローアライン。従来の突っ張り棒に比べてデザイン性に優れ、お部屋のアクセントとしても活躍してくれるインテリアツールです。

釘や接着剤を使わずに設置できるため、賃貸物件でも気軽に使えるのがドローアラインのいいところ。さまざまな拡張パーツを組み合わせれば、お部屋のデッドスペースを有効に活用できます。
まずは、ドローアラインと組み合わせられる拡張パーツをご紹介します。

軽い小物はフックに掛けて収納

ドローアラインにフックを組み合わせることで、ポールハンガーに早変わり。帽子やバッグ、折り畳み傘、掃除用具などの小物を掛けておくのに便利です。
フックはロングタイプとショートタイプの2種類あり、用途に合わせて選べます。


012 Hook A ホワイト

スマホやメガネなどを置けるサイドテーブル

高さが調節できる、直径23cmの木製テーブル。スマートフォンやメガネ、読みかけの本など、ちょっとした物を置くためのサイドテーブルとして活躍してくれます。


006 Table A ホワイト

キッチンや仕事場でも活躍する深さのあるトレイ

飲み物や植物を置いても安心な、深さのある収納トレイ。高さが調整でき、1本のドローアラインに複数のトレイをセットすることも可能です。
サイドテーブルとして使うほか、キッチンツールを収納したり、文具を収納したりするなど、幅広い使い方ができます。


019 Tray ブラック

お部屋の雰囲気に合わせて選べる照明パーツ

ドローアラインにランプアームやランプシェードを組み合わせれば、温かみのある空間を演出できる間接照明に
シェードのデザインは複数から選択可能。アームの長さも変えられるため、設置場所に合わせて調節しましょう。


LampArmS+WireShade SET ブラック

間接照明も活用したい!一人暮らしのおしゃれな照明

キャスターやシェルフ…暮らしに寄り添うさまざまなパーツ

このほか、ドローアラインを好きな場所に移動できるキャスターや、引っ掛けて使えるシェルフ、シューズラック、ハンガーなど、暮らしに寄り添うさまざまな拡張パーツがそろっています。ライフスタイルに合わせて使い方を柔軟に変更でき、引越しや模様替えの際にも邪魔になりません。


017 Shoes Rack ホワイト

少しの工夫でOK!生活感のないおしゃれな部屋にするコツ

キッチンやリビング…部屋別のドローアラインの活用法

部屋に合わせてさまざまに使い分けができるのも、ドローアラインのうれしいところ。ここからは、キッチンやリビングなど、部屋別のドローアラインの活用例をご紹介します。

キッチンでの活用法

引っ掛けて収納できる調理器具や、小さな調味料類が多いキッチンでは、ドローアラインにフックやトレイなどの拡張パーツを組み合わせて使うのがおすすめです。1Kや1Rなどの狭いキッチンでも、ドローアラインなら幅を取らずに設置できます。

一人暮らしの収納テクニック Vol.4 「大人おしゃれ」なキッチンの作り方

リビングでの活用法

テーブルとキャスターを組み合わせてサイドテーブルにしたり、トレイを取りつけて植物やキャンドルなど好きな小物を収納したりするなど、リビングにおけるドローアラインの活用法はさまざま。
フックを組み合わせたドローアラインを2本立て、そのあいだにネットを張れば、部屋の間仕切りになります。

デスク周りでの活用法

デスク上部は、デッドスペースになりやすい空間。「文具や書類を収納したいけれど、棚を置くとデスクが狭くなってしまう…」という方は、デスクと天井のあいだにドローアラインを設置して、トレイやテーブルなど必要なパーツを組み合わせましょう。
ドローアラインに移動できるキャスターを組み合わせて、袖机の代わりとして使うのもおすすめです。

ベッドルームでの活用法

複数のパーツを取りつけられるドローアライン。テーブルと照明パーツを取りつければ、ベッド周りだけを優しく照らす読書灯と、スマホや本を置くためのサイドテーブルを、1本のドローアラインだけで作り出すことができます。

ドローアラインでお部屋を居心地のいい空間に

これまでうまく使えていなかった空間にドローアラインを設置することで、新しい収納スペースが生まれます。さまざまなパーツを組み合わせてカスタマイズでき、ちょっとしたDIY気分を味わえるのも、このインテリアツールの良さです。
必要なとき、必要な物に手が届く居心地のいいお部屋づくりに、ドローアラインを活用してみてはいかがでしょうか。

DRAW A LINE - ドローアラインのご購入はこちら
【REISM SELECT】DRAW A LINE(ドローアライン)ラインアップ

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP