HOME  >  REISMなMono  >  リフォームとリノベーションの違いって?理想を叶える最適な方法は?

リフォームとリノベーションの違いって?理想を叶える最適な方法は?

近年、よく耳にする「リノベーション」。リフォームと同じような意味で使っている人もいるかもしれないが、リフォームとリノベーションでは、工事規模や内容が異なる。
ここでは、リフォームとリノベーションの違いや、メリット・デメリットを解説する。それぞれ、どのような目的の人に向いているかも見ていこう。

リフォームとリノベーションの違いって?

まずは、リフォームとリノベーションそれぞれの特徴を確認していこう。

老朽化した建物や設備を原状回復する「リフォーム」

リフォームとは、一般的には老朽化した建物やその設備を、新築や新築に近い状態に戻すこと。マンションやアパートでは、入居者が退居した部屋をその入居者が住む前の状態に戻す「原状回復」が行われるが、これもリフォームの一環だ。
例えば、キッチンやバスルームなどの古い設備を交換したり、床や壁紙を張り替えたりする工事は、リフォームに分類される。

建物の性能を高める「リノベーション」

リノベーションとは、既存の建物にリフォーム以上に大規模な工事を施すもの。住宅の性能を新築時よりも向上させたり、建物の資産価値を高めたりするために、工事を行うケースが多い。
建物の耐久性や耐震性を高める補修や、間取りそのものを変える工事は、リノベーションに分類される。

新築よりもメリット多し!リノベーション物件が選ばれる理由

リフォームとリノベーションの具体的な違い

「キッチンやお風呂の設備を変えたい」「壁紙を張り替えたい」といった、住まいの一部の設備変更や修繕にとどまる小規模な工事は、リフォームにあてはまる。
一方、「間取りそのものを変更したい」「水道管や排水管、冷暖房換気設備を変えたい」など、大規模な工事が伴う場合はリノベーションに分類される。

性能が新築以下または同等になるのはリフォーム、新築以上になるならリノベーション

リフォームはあくまで原状回復のため、工事後の建物の性能は新築と同等かそれ以下となる。
一方、工事後の建物の性能が新築時以上となるのが、リノベーションの特徴。耐震性や断熱性を向上させたり、省エネ化させたりすることで、建物の資産価値も高くなることが期待される。

リフォームとリノベーションのメリット・デメリット

ここからは、リフォームとリノベーションそれぞれのメリット・デメリットについて見ていこう。

リフォームのメリット

・費用を安く抑えられる
・工期が短い

リフォームは工事範囲が部分的かつ表面的なため、リノベーションと比べて費用が抑えられる。工期も、半日から長くても1ヵ月程度と、短期間で済むだろう。

リフォームのデメリット

・間取りの変更や性能改善はできない
・建物全体の劣化状態の確認ができない

部分的な設備や内装の工事にとどまるリフォームは、動線や間取りの変更のほか、耐震性や断熱性などの改善はできない。
また、建物全体の劣化状態をチェックすることができないため、住宅の強度や配管、柱などの状態を知りたい場合は不向きといえる。

リノベーションのメリット

・ライフスタイルに応じて自由に設計しやすい
・選べる物件が豊富
・建物の資産価値が高まる
・新築を建てるよりコストを抑えられる

設計の自由度が高い点がリノベーションの魅力。中古マンションや中古住宅を購入してリノベーションする場合、新築物件より選択肢が豊富というメリットもある。
リノベーションをすることでコストを抑えつつ、新築と同等またはそれ以上の住まいを手に入れることができるだろう。

リノベーションのデメリット

・工期が長い(実際に住めるまで時間がかかる)
・建物の状態によっては耐久性に問題がある
・ローンの金利が高くなりがち

大規模かつ広範囲の工事を伴うリノベーションは、解体工事も含めて工期が2~3ヵ月ほどかかるため、実際に入居できるまで時間がかかる。
また、リノベーションでは一般的な住宅ローンを利用できない点にも注意したい。ローンを組みたい場合、金利が高い住宅ローンを選択することになるため、資金計画を慎重に立てる必要がある。

リフォームとリノベーション、どちらにすべき?

最後に、リフォームとリノベーションが、それぞれどのような人に向いているかを紹介する。現在の住まいの悩みや工事の目的を明確にした上で、どちらにするか検討しよう。

リフォームに向いているケース

次のような目的や悩みがある場合は、リフォームを検討したい。あくまで、住まいの一部を補修するイメージで考えるようにしよう。

<このような場合はリフォームを検討>
・キッチンや洗面台をもっと使いやすくしたい
・劣化したフローリングや壁を補修したり、交換したりしたい
・予算や工期をできるだけ抑えて、最低限の機能性を確保したい
・住まいのイメージはなるべく変えたくない

リノベーションに向いているケース

次のような目的や悩みがある場合は、リノベーションが向いている。予算に余裕があり、工期が比較的長くても問題ない人は、リノベーションを前向きに検討してみよう。

<このような場合はリノベーションを検討>
・水回りの設備を向上させるために配管工事が必要
・出産や子供の独立を機に部屋の数を変えたい
・既存の壁を撤去して間取りを変更したい
・住まい全体の劣化状態を確認して、強度や機能性を向上させたい
・好みの立地や間取りの中古物件を購入して、新築のような住まいづくりがしたい

セルフリノベーションのメリット・デメリット

予算や目的に合わせてリフォームかリノベーションを選択しよう

工事の規模やその内容が大きく異なるリフォームとリノベーション。どちらも、今より快適な住まいづくりのための工事だが、どちらを選択するかによって費用や工期が大きく変わってくる。
建物の状態や叶えたいライフスタイル、予算などを考慮した上で、リフォームとリノベーションどちらが適切かを考えよう。

リズムが提案する、セミオーダーのようなマンション・リノベーションサービス。
リノベ for me

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP