HOME  >  REISMなMono  >  プロジェクターは一人暮らしでも使える!メリットと選び方

プロジェクターは一人暮らしでも使える!メリットと選び方

画像や映像を大画面のスクリーンに投影するプロジェクター。オフィスや学校などで使用するイメージが強いかもしれないが、最近は家にプロジェクターを導入する人も増えている。一人暮らしでも、プロジェクターを使って臨場感のある映像を楽しみたいという人は多いのではないだろうか。
ここでは、一人暮らしでプロジェクターを活用するメリットや、初心者向けのプロジェクターの選び方を紹介しよう。

一人暮らしでもプロジェクターを置ける?

プロジェクターを使用するのに最低限必要なのは、機材の設置スペースと投影距離を確保すること。白い壁に投影するタイプならスクリーンが不要なため、スペースを省きつつコストも抑えられるだろう。
最近は、さまざまなタイプのプロジェクターが販売されており、一人暮らしの部屋でも手軽にホームシアターを楽しめる。まずは、プロジェクターを設置することで、どのような楽しみ方ができるか見ていこう。

大画面で映画やゲーム、動画を楽しめる

自宅にいながら迫力ある映像を体験できるのは、プロジェクターならではの魅力。映画や動画はもちろん、ゲーム機とプロジェクターを接続すれば、ゲームも大画面で臨場感たっぷりに楽しむことが可能だ。

ホームシアタースピーカーの導入で映画館さながらの空間に

プロジェクターと併せて、ホームシアタースピーカーを導入する人も多い。立体的な音響効果が得られ、映画やドラマなどのコンテンツをより深く味わうことができるだろう。

一人暮らしのプロジェクター選びで重視すべき5つのポイント

プロジェクターと一口にいっても、製品によってスペックが異なる。ここからは、プロジェクターを選ぶ際の5つのポイントを見ていこう。

1 投影距離

プロジェクターは、機種によって最大投影距離や推奨投影距離が異なる。製品ごとに差はあるが、一般的に、120インチ(横幅2.5m程)の映像を投影するには、プロジェクターとスクリーンの距離が約4m必要といわれている。
部屋のスペースに余裕がない場合は、スクリーンとプロジェクターの距離を短くしても通常モデルとほとんど同じサイズを投影できる「短焦点プロジェクター」がおすすめだ。最小投影距離1m程の機種が多く、一人暮らしの部屋でも使いやすい。

2 設置環境

プロジェクターは、テーブルにのせるタイプや三脚に対応しているタイプ、天井に映し出せるタイプなど種類が豊富。自宅の環境に最適な物を選ぶために、機器やスクリーンの設置場所、どの壁に投影するかをあらかじめ決めておこう。
プロジェクターは、長時間使うと高温になりやすい。風通しの悪い場所に設置すると熱がこもってしまうため、プロジェクターを壁際に設置したい場合は、前面吸排気タイプがおすすめだ。

3 解像度と縦横比

プロジェクターの解像度が高いほど、投影される映像も高画質できれいなものに。フルHDなら1920×1080、4Kは4096×2400と分かれているため、解像度の数値もチェックしよう。
また、表示される画面の比率を表す縦横比(アスペクト比)も確認したいところ。一般的には、16:9の横長タイプが主流となっている。

4 ルーメン数

ルーメン数とは、プロジェクターの明るさを表す数値のこと。数値が高いほど画面が明るくなる。家庭用プロジェクターの場合は、1,000~2,000ルーメンが一般的だが、こちらもプロジェクターを使用する部屋の明るさに合わせて選ぶようにしよう。

5 入力・接続端子

プロジェクターをPCやゲーム機、Blu-ray再生機などと接続するためには、一般的にHDMI端子が必要となる。プロジェクターに複数の機器を接続して使いたい場合は、HDMI端子のポートが複数あるタイプが便利だ。

初心者向け・おすすめのプロジェクター

最後に、初心者におすすめのプロジェクターのタイプを見ていこう。それぞれの価格帯も併せて紹介する。

まずは1万円前後の安価なタイプで試してみる

試しにプロジェクターを使ってみたい人や、できるだけコストを抑えたい人は、1万円前後の家庭用プロジェクターがおすすめ。この価格帯でも、フルHD対応でPCやタブレット、スマートフォン、ゲーム機など、各種デバイスと接続できるプロジェクターが登場している。

持ち運びやすいポータブルタイプ

部屋が狭く、できるだけコンパクトなプロジェクターが欲しい人や、頻繁に持ち運びたい人は、ポータブルタイプがおすすめだ。ポータブルタイプの相場は、4万~5万円程度となっている。

本格派なら台形補正機能搭載が◎

本格的にホームシアター用のプロジェクターをそろえたい場合は、斜めから投影しても映像がきれいに補正される「台形補正機能」を搭載した製品を選ぼう。相場は8万~10万円ほど。自宅でストレスなく映画やゲームを楽しめるはずだ。

一人暮らしの家にこだわりのホームシアターを作ろう!

プロジェクターの種類は、1万円ほどで購入できる物から、10万円前後の本格的な物まで幅広い。「試しに使ってみたい」「機能性の高いプロジェクターで迫力ある映像を楽しみたい」など、目的に合わせて適した物を選ぶようにしよう。
一人暮らしでもプロジェクターを設置することは可能なため、こだわりのホームシアターづくりに挑戦してみてはいかがだろうか。

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP