HOME  >  REISMなMono  >  賃貸物件に保証人はなぜ必要?いない場合の対処法を紹介

賃貸物件に保証人はなぜ必要?いない場合の対処法を紹介

賃貸物件を借りるためには、連帯保証人や家賃保証会社の保証への加入が必要となる場合がほとんど。ただ、初めての賃貸契約では、連帯保証人を誰に頼めばいいのかわからなかったり、家賃保証会社の利用方法を知らなかったりするだろう。
そこで今回は、アパートなどの賃貸契約における保証人制度を解説。家賃保証会社の利用方法についても見ていこう。

賃貸契約に保証人や連帯保証人が必要な理由

ほとんどの賃貸契約で保証人や連帯保証人を立てる必要があるのは、もし契約者である借主が家賃を滞納してしまった場合に、代わりに家賃を納める人が必要となるため。
家賃だけでなく、賃貸物件の設備を破損して弁償できない場合にも、保証人や連帯保証人が代わりに貸主へ費用を支払わなければならない。

保証人と連帯保証人の違いとは?

賃貸物件の契約における保証人と連帯保証人には、明確な違いがある。必ずチェックしておきたい。

・保証人
借主が家賃を支払えなくなったときに、貸主から代わりに支払いを依頼されても、いったん借主に支払いを督促したり、借主の財産の差し押さえを要求したりすることができる立場にある。

・連帯保証人
支払いを依頼されたとき、すぐに家賃を支払わなければならない。責任を拒否することができない点が、保証人との大きな違いといえる。

つまり、保証人は借主に支払い能力があれば支払う義務はないが、連帯保証人の場合は、たとえ借主に支払い能力があるとしても、貸主から請求があれば必ず支払わなければならない。連帯保証人は、借主と責任範囲が同じだということを押さえておこう。

なお、賃貸契約においては、確実に家賃を回収するためにも、保証人よりも連帯保証人を立てなければならいことが多いのが現状となっている。

賃貸物件における連帯保証人の条件

借主に代わって家賃などの支払いを求められる連帯保証人は、相応の支払い能力が必要となる。そのため、誰でもなれるというわけではない。
ここからは、賃貸契約で連帯保証人を立てる際の条件について見ていこう。

どんな人が連帯保証人になれる?

まず、親を連帯保証人にしたいと考える人は多いはず。この場合、現役で働いている親ならば安定した収入もあり、連帯保証人として認められやすい。ただし、高齢で退職している場合は、収入の低さを理由に認められないことも。
また、自分の兄弟や子供を連帯保証人にしたい場合も、すでに働いていて安定した収入があるかどうかがポイントになってくる。

連帯保証人の審査条件

ここまで解説してきたように、賃貸契約の連帯保証人となるためには、支払い能力があるかどうかが重要な条件となる。
ただし、単に安定的な収入があれば誰でも連帯保証人になれるわけではなく、借主が借りる物件の家賃に見合った支払い能力があるかが審査されるため、注意したい。
賃貸契約書の連帯保証人の欄には、年齢や勤務先、年収などを記入する必要があり、それらを証明する書類も併せて提出しなければならない。中には、月収や貯蓄額を確認されるケースも。

連帯保証人になるための必要書類

賃貸契約書の連帯保証人の欄や承諾書には、連帯保証人本人に署名および捺印をしてもらう必要がある。
また、細かい審査基準は不動産会社によって異なるが、連帯保証人の本籍地や勤務先、収入などの支払い能力についてもチェックされるため、連帯保証人の住民票や収入証明書、印鑑証明書の提出を求められるケースも。

なお、連帯保証人の住所が遠方となる場合は、こうした必要書類を郵送する必要がある。不備があると訂正の手間も時間もかかってしまうため、記入内容や必要書類に不備がないよう留意しつつ、時間に余裕を持ってお願いするようにしよう。

連帯保証人がいない場合の対処法

相応の支払い能力が求められ、審査も必要な連帯保証人を誰でもすぐに立てられるわけではない。賃貸契約を結びたいけれど、連帯保証人になってくれそうな人がなかなか見つからない人もいるだろう。

そのような場合は一般的に、連帯保証人を代行してくれる「家賃保証会社」を利用する。これは、借主が審査に通れば、家賃保証会社に保証料を支払うことで連帯保証人の代行をしてもらえるというものだ。
審査はさほど厳しくなく、借主に安定した収入があり、クレジットカードや携帯料金の支払い滞納などがなければ、スムーズに通過できるだろう。

借主に家賃滞納があった場合は、家賃保証会社が立て替えてくれるため、保証会社の利用は不動産会社や大家さんにとっても安心という側面も。こうしたメリットがあるため、最近は連帯保証人よりも「家賃保証会社の利用」を必須条件としている物件は少なくない。

連帯保証人が立てられなくても不動産会社に相談してみよう

連帯保証人は、特に責任が重いこともあり、気軽に親戚や友人には頼めないと思う人もいるだろう。そこで活用したいのが、家賃保証会社を利用できる物件を優先的に探してくれる不動産会社や賃貸サービスだ。
連帯保証人を立てられなくても借りられる物件はたくさんあるため、こうしたサービスにも注目しつつ、お気に入りの物件を探してみよう。

東京23区でワンルーム賃貸を探すなら
東京のリノベーション・デザイナーズ賃貸ならREISM(リズム)

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP