HOME  >  REISMなMono  >  引越しが原因でストレスに!?その理由と予防のポイントとは?

引越しが原因でストレスに!?その理由と予防のポイントとは?

「引越しブルー」という言葉があるように、引越しは数あるライフイベントの中でもストレスを抱えやすいといわれている。では、引越しでストレスが溜まってしまう原因はどこにあるのだろうか。
そこで、引越しがストレスになる原因や、そのストレスを回避するための方法を紹介しよう。

引越しがストレスの原因になりやすいのはなぜ?

引越しでストレスが生じる原因として、まず住環境や人間関係などの「変化」が挙げられる。それまで住んでいた家や土地は、慣れ親しんだ分だけ安心感があり、リラックスできる場所のはず。そこを離れて新しい環境で暮らすとなると、心理的負担は生じやすい。
家族と離れて初めて一人暮らしをする場合、新生活や人間関係に関する不安はいっそう大きく、ストレスを抱えてしまう人は多いだろう。

また、心理的なストレスはないとしても、引越しは業者の手配や新しい家具・家電類の購入など、金銭的な負担が大きい上に、荷造りや片付け、役所関係の手続きなど、こなすべき作業も多い。
このような引越し準備の大変さから、体だけでなく心にも疲労を溜め込んでしまうケースはあるだろう。

引越しによるストレスの症状って?

引越しによるストレスの症状は人それぞれ。代表的な症状としては、次のようなものが挙げられる。

・気分の落ち込み
・イライラ
・寝不足
・食欲低下
など

引越し前後や準備中にこのような症状があった場合、原因は引越しにある可能性が高いため、何かしらの対策が必要になってくる。
必ずしも引越しだけに原因があるとは言い切れないが、無意識のうちに負担となっていることもあるため、できるだけ引越しでストレスを抱えないようにすることがポイントだ。

また、性格の面で、引越しでストレスを抱えやすい人もいる。
特に、真面目で几帳面だったり、完璧主義だったりする人は、引越しのすべての作業や手続きを完璧にこなそうと自分を追い込んでしまいがちなため、スケジュールと気持ちの両方にゆとりを持って取り組むようにしよう。

引越し作業でストレスを溜めないためのポイント

ここからは、引越し作業でなるべくストレスを溜めないために実践したい4つのポイントを紹介しよう。

不用品は計画的に処分する

引越しの荷造りの際に出てくる、不用品の処分方法をあらかじめ決めておくと、スムーズに作業を進めることができる。早めに必要な物だけ残すようにすれば、作業の負担もある程度は減らせるだろう。

特に、大型で粗大ゴミになるような物は、役所に依頼することで安く処分できることもあるのでチェックしてみよう。ほかの不用品も、リサイクルショップに売る、人に譲るなどして早めに行き先を決めてしまおう。

新居の配置を決めておく

引越し後に家具やインテリアの配置を決めるとなると、引越し後の負担を大きくしてしまう。
荷ほどきをスムーズに行うためにも、家具や家電、インテリア類の配置はある程度決めておくと◎。事前に配置が決まっていれば、引越し業者に配置場所を指定できるため、自分で移動・設置する手間を省くこともできる。
間取り図を参考に、寸法などを事前に確認しておこう。

引越しのやるべきことをリスト化し、スケジュールに記載する

引越し前から引越し後まで、何かとやるべきことは多いもの。スケジュール全体を把握し、必要な手続きをすぐに確認できるようにするためにも、「いつ」「何を」すべきかリストアップし、カレンダーに記載しておこう。
引越し作業を段取り良く進められて、ストレスも軽減できるはず。

一人でやろうとしない

作業や手続きの多い引越しは、自分一人でこなそうとするのではなく、人の助けを借りることが大切
引越しの片付けや荷ほどきを親しい友人や家族に手伝ってもらうことで、負担も減る上にストレスも軽減できるだろう。

また、住所変更手続きや電気・ガス・水道の利用手続きなどの代行サービスを利用するという手も。
引越し業者によっては、オプションで代行サービスを取り扱っているところもあるため、こうした手続きの時間をとりにくい人や、手続き関係の負担を減らしたい人は利用してみよう。

なお、予算があれば、荷造りも代行業者に依頼することができる。手軽さやストレス回避を優先したい場合は、こうしたサービスも検討してみることがおすすめだ。

引越し後にストレスを溜めないためのポイント

引越し後は、それまでの作業や手続きの疲れが一気に出やすいため、できるだけリラックスして過ごすようにしたい。一段落したら、引越し祝いとして自分の好きなことだけをする日を作るなどして、積極的にリフレッシュするようにしよう。

また、新しい環境での不安や緊張をやわらげるためにも、引越し先でお気に入りのお店や場所を見つけてみるのも◎。

引越しをポジティブに考えよう

引越しをするとなると、新居や新しい環境への期待がある一方で、引越し費用や荷造りなどが負担になりやすく、ストレスを抱えてしまいがち。「引越しを機に物を捨てられる」「新生活が始まったら◯◯に挑戦したい」など、引越しをポジティブに考えるようにして、心理的負担をなくしていくことが大切だ。

また、引越しを検討し始めた段階から整理整頓を心掛け、物を増やしすぎないようにしておくこともポイント。いざ引越しをするとなったときに、できるだけスムーズに準備を進められるようにしよう。

東京23区でワンルーム賃貸を探すなら
東京のリノベーション・デザイナーズ賃貸ならREISM(リズム)

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP