HOME  >  REISMなMono  >  インテリアの色はどう決める?部屋のカラーコーディネートのポイント

インテリアの色はどう決める?部屋のカラーコーディネートのポイント

インテリアにおいて、部屋全体の雰囲気やイメージを決定付ける要素のひとつが、色の組み合わせ。センスのいい部屋はカラーコーディネートがうまく、統一感や個性を出すことができている。
そこで、インテリアの色を決めるためのポイントのほか、演出したい雰囲気やテーマ別にカラーコーディネートのコツを見ていこう。

インテリアコーディネートの際に知っておきたい、色のタイプ別比率

部屋のインテリアにおいてまず知っておきたいのが、部屋のイメージやテーマを決定付ける3つの色タイプ。それぞれのカラーの特徴や、理想的な比率を押さえておこう。

ベースカラー

壁や床といった、部屋の内装材の色がベースカラー。ホワイトやアイボリーなど、毎日見ても飽きたり疲れたりしないベーシックな色があてはまる。

アソートカラー

家具全般やカーテン、ラグ、建具など、インテリアのメインとなる色がアソートカラー。このアソートカラーの色合いによって、部屋の雰囲気や印象が大きく左右されるため、インテリアにおいて重要な色タイプといえるだろう。

アクセントカラー

クッションやソファカバー、壁面装飾、置物など、色面積は小さくても、部屋の雰囲気やテーマを演出できるのがアクセントカラー。好みの色や季節に合ったカラーを取り入れることで、部分的にテーマや雰囲気を変えることもできる。

この3つの色タイプの理想的な比率は、ベースカラー70%・アソートカラー25%・アクセントカラー5%とされている。

上手にコーディネートするためのステップ

ここからは、3つの色タイプを踏まえて、インテリアの色の組み合わせを決めるための手順を見ていこう。

1. 部屋全体のテーマやイメージを決める

インテリアのカラーコーディネートをするためには、まず「どのような部屋にしたいのか」をイメージしてみよう。理想としている部屋全体の雰囲気やテーマを決めることで、インテリアの色選びもしやすくなる。

テーマは、「洗練されたシンプルモダン」「温かみを感じるナチュラル調」「開放感のあるリゾート風」など、好みや理想から具体的なイメージを決めていくと◎。

2. ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーを決める

部屋のイメージを決めたら、先程解説した3つの色タイプを決めていこう。賃貸の場合は特に、床や壁のベースカラーを変えることは難しいため、実際には既存のベースカラーを基に、アソートカラーとアクセントカラーを選ぶことになるケースが多い。
それぞれの比率も踏まえて、バランスの良い配色になるよう考えてみよう。

インテリアの色の組み合わせ方

ここでは、重視したい部屋のイメージや色合い別に、カラーコーディネートの基本を見ていこう。

まとまりを意識するなら…同系色

部屋全体のカラーをまとめたい場合は、「茶色のソファ×ベージュのクッションカバー」「青色の布団カバー×ネイビーのラグ」のように、同系色の組み合わせを意識しよう。

色味が統一されることでまとまった印象となる上、カラーコーディネート初心者でも実践しやすい組み合わせのため、色の選び方に悩んだときにもおすすめだ。

統一感を重視するなら…類似色

「赤色のソファ×オレンジのクッションカバー」「青色の布団カバー×ブルーグリーンの枕」など、暖色同士、寒色同士のような類似色の組み合わせによって、色同士が喧嘩せずに統一感を出すことができる

色の面積配分を同じにすると、全体的にのっぺりとしてしまうため、それぞれの色の面積にはメリハリをつけることがポイントだ。

コントラストや個性を出すなら…反対色(補色)

「ネイビーのソファ×ダークレッドのクッションカバー」「紫色のラグ×黄緑色の座椅子」といった反対色(補色)の組み合わせは、個性的な雰囲気やコントラストを出すことができる。

注意したいのは、「黒と白」「赤と青」のように、明度や彩度の差が激しい組み合わせは、目が疲れてしまいやすいこと。色の配分にメリハリをつけたりトーンを統一したりして、目に優しいコーディネートを意識することが大切だ。

色数を増やしたいなら…同一のトーンでそろえる

「パステルグリーン×パステルピンク」「ブラウン×ネイビー」など、淡いトーン同士や暗いトーン同士でそろえると、色数を増やしやすくなる。

トーンをそろえれば、暖色や寒色といった色のグループを超えて、色を増やすことができるだろう。

部屋のテーマ、イメージ別の色選び例

最後に、3つの部屋のテーマ、イメージを基に、壁・床のベースカラーが「アイボリー」の場合の色選びのポイントを見ていこう。

開放感やリゾート感を意識するなら

爽やかな印象のアイボリーがベースカラーの場合、開放感や海辺のリゾート感を演出しやすい。
アソートカラーにはアジアンな印象のダークブラウンを、アクセントカラーにはブルー系を取り入れると、開放感のあるリゾート風の部屋となるだろう。

温かみやナチュラルさを演出したいなら

季節を問わず、落ち着いた印象のナチュラルさを出したい場合は、インテリア全体のアソートカラーにはブラウンを選ぼう。クッションカバーや壁面装飾などのアクセントカラーには、温かみのある赤色やオレンジを。

赤色やオレンジなどの暖色は、一見派手な印象を受けるが、ブラウン系の中に部分的に取り入れることで、落ち着きのある雰囲気を出すことができる。

ラグジュアリーな雰囲気を出したいなら

高級感やラグジュアリーな雰囲気を出すためには、アソートカラーにはベージュやブラウンを選び、アクセントカラーにはパープルとブラックの2色を組み合わせてみよう。

アクセントカラーにパープル以外の色を組み合わせたい場合は、明度や彩度の低い色を黒と組み合わせることで、重厚感やゴージャスなムードを演出できる。

インテリアのカラーコーディネートを楽しもう!

部屋全体の印象を崩さないためにも、インテリアは単に好きなデザインを選ぶのではなく、既存のインテリアの色とのカラーバランスも考慮して慎重に選びたいところ。
色の組み合わせ方を押さえれば、気分や季節の変化に合わせて、さまざまな雰囲気やテーマを演出できるようになるだろう。

おしゃれインテリアを選ぶなら
REISM公式オンライン・セレクトストア【REISM SELECT】

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP