HOME  >  REISMなMono  >  失敗しない一人暮らしのベッドの選び方

失敗しない一人暮らしのベッドの選び方

一人暮らしの部屋にベッドを置くとなると、それなりのスペースをとるため、サイズは慎重に決めたいところ。ベッドのサイズというと、一般的にはシングルやダブルが挙げられるが、一人暮らし向けに「ショート丈サイズ」や「セミシングル」などのサイズ展開もあることはご存じだろうか。
ここでは、体の大きさやライフスタイルによって変わる、一人暮らし向けのベッドの選び方について紹介しよう。

一般的な一人暮らし向けのベッドサイズの定義

小柄な人や、極力ベッドのスペースを最小限にとどめたい人には「ショート丈」や「セミシングル」、体の大きな人やゆったり寝たい人には「セミダブル」など、バリエーション豊かなベッドのサイズ展開。まずは、一人暮らし向けのベッドのサイズ展開について詳しく見てみよう。

・ショートセミシングル
幅:約90cm/長さ:約180cm
幅・高さともにコンパクトなベッド。身長160cm未満の人や、6~8畳のワンルームなどに向いている。

・ショートシングル
幅:約100cm/長さ:約180cm
ショートセミシングルよりも、少し幅にゆとりがあるサイズ。コンパクトなベッドでも、もう少しゆとりを持って寝たいという人にはちょうどいいサイズではないだろうか。

・セミシングル
幅:約90cm/長さ:約195cm
一般的なシングルサイズよりも、幅が少し狭いタイプ。女性におすすめのサイズとしても販売されている。

・シングル
幅:約100cm/長さ:約195cm
一人用ベッドの中でも、最も一般的なサイズ。体の大きい人には、少し窮屈に感じられることも。

・セミダブル
幅:約120cm/長さ:約195cm
シングルサイズよりも幅に20cmほど余裕があるため、ゆとりが欲しい人にぴったり。ただし、人を泊める場合に2人で使いたいとなるときびしそうだ。

・ダブル
幅:約140cm/長さ:約195cm
体の大きな人が快適に寝る際や、客人を泊める際に2人で寝るのにぴったりのサイズ。ただし、幅140cmとスペースを広くとるため、部屋の広さに応じて選択したほうが良さそう。

体や寝相に合わせたベッドの選び方

ベッドのサイズ展開からもわかるように、一人暮らしだからといって必ずしもシングルサイズを選ぶ必要はない。体型や寝相も考慮しつつショート丈やセミシングルを選べば、その分、広さにゆとりが出て、ほかの家具を置くスペースが生まれるといったメリットも得られるだろう。

女性の一人暮らしにはショート丈サイズがおすすめ

一般的なベッドの長さは195cmだが、「ショートセミシングル」や「ショートシングル」のショート丈のベッドであれば、約180cm。ほかのサイズよりも15cm分のスペースを空けることが可能だ。日本人女性の平均身長から考えても、多くの女性がショート丈で寝ても問題ないといえるだろう。

快適に寝るために必要なスペースは肩幅プラス30cm!

コンパクトなベッドは、身長だけでなく体型や寝相を含めて総合的に判断したほうがいい。一般的には、ベッドで窮屈さを感じずに寝るためには「肩幅プラス30cm」のスペースが必要といわれている。つまり、寝たときに体の左右に15~20cmほどの余裕がある状態が理想。

ショート丈やセミシングルのコンパクトなベッドは、実際に使ってから後悔しないためにも、購入前にこの幅について確認しておこう。

部屋に合わせたベッドの選び方

特に、ワンルームや1Kの部屋にベッドを置く場合、ベッドを置くことでスペースにどれくらいの余裕が残されるか、という点も考慮してサイズを選びたい。

幅をとらないベッドは、ショートセミシングルやセミシングル

幅が約100cmのシングルサイズよりも、ショートセミシングルやセミシングルは幅が約90cmと、10cmほど小さい。幅が10cm違うだけでも一人暮らしの部屋の暮らしは大きく変わってくる。

シングルサイズで寝ていて、左右の幅がもう少し狭くても問題なさそうであれば、こうしたサイズに変更してみてもいいかもしれない。

ソファベッドならくつろぎスペースを確保できる

ベッドもソファも欲しいけれど、両方を置くスペースはない。そんな場合は、兼用家具のソファベッドを検討してみてはどうだろうか。

ソファベッドは、日中はソファとして使い、寝るときだけベッドにすることができる。背もたれを倒すタイプや、座面が伸長式になっているタイプなどがあるため、自分が使いやすい物を選ぼう。

収納が少ない部屋には収納付きベッドも◎

収納が少ないワンルームや1Kの場合、収納機能を備えたベッドもおすすめ。ベッド下に引き出しがついたタイプのほか、ベッド下を有効活用できるロフトベッドやハイベッドなどがあるため、スペースや使い勝手に合わせて選ぼう。

また、先程紹介したソファベッドにも、座面の下に収納機能を持つタイプが登場している。このような多機能家具を活用することで、限られたスペースでも快適に暮らすことができそうだ。

マットレスはどういう物がいい?

最後に、ベッドを新調するときに合わせて選びたい、マットレスについて簡単に見ていこう。マットレスは「ボンネルコイル」と「ポケットコイル」の2つのタイプが代表的なため、それぞれの特徴を押さえた上で、ぴったりの物を選んでほしい。

・ボンネルコイル
ボンネルコイルは、コイル(バネ)がそれぞれ連結されており、寝たときに体を「面」で支えるタイプ。しっかり支えが利くため、下半身が沈み込む感じが少なく、寝返りもしやすい。ある程度硬さのある寝心地が好きな人向けのマットレスだ。

・ポケットコイル
ポケットコイルは、一つひとつ独立したコイルが袋に包まれているタイプで、体を「点」で支えるイメージ。バネの個数が多く、寝たときにかかる体の圧力を分散させてくれる。
また、体の凹凸に沿って沈み込むため、理想的な姿勢で寝ることができるのもこのタイプだ。柔らかくてふんわりとした寝心地がいいという人には、こちらのマットレスが寝やすいだろう。

価格は「ポケットコイル>ボンネルコイル」となるため、予算も考慮しつつ比較・検討してみよう。

せっかくのベッド選びは慎重に

一人暮らしの部屋で占めるスペースが大きいベッドは、安さやサイズだけで決めず、実際に寝心地を試したり、配置した場合のシミュレーションをしたりすることが重要だ。
睡眠は、一日の疲れを癒やし、体をリセットさせるための大切な時間。自分の体と部屋にぴったりの物を選べるよう、慎重に検討してほしい。

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP