HOME  >  REISMなHito  >  File No.38 Teida K.Kさん work:イベント・広報

hito_038_01
File No.38Teida K.Kさん work:イベント・広報

リゾート感を日常にプラス。
ココロが解放される空間へ。

沖縄的なリゾート感を肌で感じられる「Teida」シリーズ。南国素材にまるごと包まれたリノベーション空間は、都心では決して味わえないナチュラルな素材の肌触りと表情豊かな光にあふれている。印象的なデザインの花ブロックと、ダークブラウンのパインフローリングが抜け感のある心地よさを演出。

備え付けられた造作家具には好きなモノを置け、自由度の高さと解放感がたまらない造りになっている。

「以前からリノベーション物件の存在は知っていたし、住んでいたこともあります。ここへ引っ越す際も、普通の部屋じゃつまらないなあ…と探していたらここに出会いました。もはや僕はリノベーション物件にしか住めないカラダになってますね(笑)」

この部屋に合わせたソファやテーブル、棚などを合わせて揃えていくうちに、みるみる自分カラーの空間になった。もともと持っていた家具との相性も、この部屋はとても良かった。

K.Kさん的には、この部屋の南国リゾートというコンセプト自体はそこまで気にしていなかったという。部屋に出会ったときの第一印象と、立地の良さが大きな決め手となった。

それでもここは、K.Kさんの手によって作り上げられたプライベート・リゾートホテルのようなもの。

大きな解放感と心地よさだけが、部屋中にあふれている。

hito_038_02 hito_038_03

ほどよい大きさの沖縄産の花ブロックは、好きな小物を見せながら置くスペースとしても最適。窓際のデスクは、あえて「実用性ゼロ」にすることで和みの空間としての役割を持たせている。

hito_038_04 hito_038_05

玄関部分はライトベージュの床で、砂浜をイメージ。広い玄関スペースは衣類も靴もたくさん収納できる。これから改良していきたいというキッチン下部分は、今でも十分機能的で、使いやすい工夫がたくさん施されている。


hito_038_06

部屋に居る時間が、とにかく大好き。
日常を愛する気持ちが大きくなった。

「窓が大きいので、そのスペースを利用してロールスクリーンを設置しました。プロジェクター投影で好きな映画などを見ています。プライベート映画館みたいですごく楽しいですよ。」

躯体そのものを活かしたデザインは、REISM物件の特徴的なところ。天井にもともとあったネジ穴を活用し、プロジェクターを設置するという工夫も、この部屋だからこそできる特別な技だ。

これまでは、部屋に置くモノや家具などすべてにおいてなんとなく「コレでいいや」という妥協があったというK.Kさん。

「コレでいいや、はもうやめました。せっかくの一人暮らしだし、徹底的に好きなモノだけで部屋を埋め尽くそうと思って。妥協し続けるのはなんだか人生が借り物みたいでイヤですしね。」

例えば一般的に白い色が多く「白モノ」と言われる家電製品は、デザイン性を重視して厳選する。加湿器や暖房器具も、同様にデザインが美しいものだけを選んで置く。そんなこだわりの末、K.Kさんにとって「ずっと居たくなる部屋」が生まれた。

K.Kさんの本業であるプロデューサーの腕前が、プライベート空間においても光っている。仕事と生活の集大成がここにある。

hito_038_07 hito_038_08

キッチンでは、料理を作るだけではない。コーヒーを煎れたり、立ってお酒を飲んだり気ままに過ごせるお気に入りの場所。仕事で携わったご当地商品なども、見せる収納で豊かな色を添えている。

hito_038_09 hito_038_10

必要不可欠な家電にも、高いデザイン性を求めたい。そんなこだわりの気持ちが選ぶモノたちから強く伝わってくる。見た目だけでなく使い勝手も優れた家電が、部屋の住み心地をよりレベルアップしてくれる。


hito_038_11

思う存分好きなことに集中するなら、
環境作りが最重要。

「手を伸ばせばすぐそこに、大好きな本やDVD。仕事が休みの日は特にやっていて楽しいことだけしかしたくないです。」

部屋の象徴であるブロックには、K.Kさんにとって大切なお宝であるモノたちがぎっしり詰まっている。それらを効率的に見栄え良く配し、好きな時に手に取り、楽しめるようにした見事な趣味の空間作り。

照明には、心地よい木陰を作り出すグリーンを施し、本棚の本は座った目線の高さに配置。たとえ趣味のモノでも厳選し、必要以上の点数を置かないことでシンプルな空間をキープ。

何にも邪魔されず趣味に没頭するためには、本気で環境作りをすることが大切だということに改めて気付かされる。

使いやすい設計にしたキッチンでは、週末になると料理作りに集中。まとめて作り置きしておけば、平日のおかずやお弁当にも便利だという。

人間の本質に触れることの多いプロデュースの仕事に携わって2年。まずは自分の環境作りを心地よく整えることで、人の心理を根底から理解する。そのうえでクライアントの心理を理解すれば、みんなにとって幸せなことやモノをプロデュースすることができる。

K.Kさんとこの部屋は、これからもますます進化し仕事の場、人との交流においても良い作用をしていくことだろう。

hito_038_12 hito_038_13

トイレの収納棚は、置くモノを厳選すればシンプルに保つことができ、より機能性がアップ。浮造と呼ばれる、凹凸のあるフローリングは足触りが良く、見た目にもぬくもりを感じる。部屋中どこをとっても、心地よく過ごせる工夫や要素が満載。

hito_038_14 hito_038_15

大好きでたまらないウルトラマンシリーズ。特に昭和のころの作品は、心の痛みを和らげる特効薬となり、人生のバイブルにもなる。グリーンをあしらって温かみをプラスした照明のやさしい光など、心を癒しリセットするモノたちの存在は輝いて見える。

Text: Yuzuka Matsumoto
Photograph: Yoshinori Tonari

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP