HOME  >  REISMなHito  >  File No.35 Kitchen N.Sさん work:教育系

hito_035_01
File No.35Kitchen N.Sさん work:教育系

「キッチン」という名のオアシス。
新しいライフスタイルに出会う。

プロが使う厨房のように、本格派。料理好きの方に向けたリノベーション物件「Kitchen」があるのは、つねに人気ランキング上位のエリア。駅からの道の途中にはこだわりの古書店やステーショナリーショップ、カフェや古着屋などがあるので、ぶらぶらするだけで街を堪能できるのも嬉しい。

「Kitchen」は名前通り、台所がメインテーマの部屋。「サイトから探して、迷わずこの部屋に決めました。見つけた時は、一人暮らし用の部屋でこんな立派なキッチンがあるなんて!とまるでオアシスを見つけた時のように感動したんです。」と語るのは、この部屋に住むN.Sさん。

オーク材の無垢フローリングの素材感と、ステンレスやモルタル、むき出しのコンクリートなどの無機質感が心地良くマッチした空間。作業台や収納棚として活躍するカウンターに立てば室内を一望でき、とっておきの時間が味わえる。ツールや食器を飾るようにレイアウトできる可動式の棚やバーがあるのも、料理好きには嬉しいポイント。居室にはしっかり収納できるクローゼットもあり利便性も高い。

大きな窓から差し込む光を浴びながら、広々としたキッチンで思う存分料理作りを楽しめる。もともと料理好きなN.Sさんが、即決したのはそんな理由からだった。

引っ越したその瞬間から、N.Sさんにとってかけがえのない贅沢かつ優雅な新ライフスタイルが待っていた。

hito_035_02 hito_035_03

使い勝手の良いプロ仕様の台所に、広い作業スペース。実用性の高いキッチンは、この部屋の要であり命であることをN.Sさんは誰よりも知っている。

hito_035_04 hito_035_05

友人が遊びに来る時などは、自作のハネ上げテーブルを使って活用スペースを広げる。使わない時は折りたたんでおけば邪魔にならない。かしこい卓上スペース増築法に、思わず感嘆の声。


hito_035_06

まさに自分のためのリノベーション空間。
こんな部屋があったなんて。

「ファミリーユースの部屋だってここまで本格的なキッチンを採用しているところはめったに無いでしょうし、実際調べてみてもイマイチなものが多かった。アイランド式は一気に高くなるし。その点、この部屋は自分の要望にすべてピッタリハマったんです。」

大学時代の4年間はずっと和食の店でバイトをし、実際に料理も作っていたというN.Sさん。得意料理は魚のお造りやカマの煮つけ、炊き込みご飯などどれも本格的で、その腕前はかなりのもの。

とにかく趣味の料理がしたくてこの部屋に入居を決めたN.Sさんは、部屋のサイズに対してアンバランスなほど大きなキッチンに魅かれ、「これこそ料理をする自分のための部屋だ!」と思った。

友人を招いてのホームパーティでも、N.Sさんの作る料理は大好評。和食はもちろん、中華から洋食までなんでもござれ。大きくて深いシンクなら、大きな魚をさばくにも不便はないし、まさに由緒正しき「人を呼べる部屋とその住人」だ。

訪れた人たちはみんな、部屋を見るなり「あー、なるほど!N.Sさんらしい」と納得すると言う。

厳選された土鍋や玉子焼き器、まな板、包丁、フライパンなどのどれもよく使い込まれ、「育って」いる。インテリアとしてだけじゃなく、実用重視のN.Sさんにふさわしいアイテムたちはどれもキッチンを盛り立て、グレードアップしてくれる立役者だ。

hito_035_06b hito_035_07

2口コンロにまたがって使う自慢の鉄板。一度に複数の食材が焼けるから、絶品サンドイッチもスピーディに出来上がり。毎日美味しいものを食べ、心身ともに幸せになれる素晴らしいライフスタイル。

hito_035_09 hito_035_10

一流の道具を使って、誰かのためや自分のために手間ひまかけた料理を作る。そして道具のメンテナンスはマメにていねいに。N.Sさんの人柄がそのまま現れた上質なキッチンの部屋。


hito_035_10

自分を高めてくれる最高の空間だから、
過ごし方もふさわしいものに。

「とにかく自分にとって、自室となる場所は実用性重視!ここは厨房の中に部屋がある感じで、仕事をするにも趣味に没頭するにも最高の空間。大好きですね。」

N.Sさんの言う通り、ここにはムダなモノが一切ない。仕事に役立ち、その質を高めるための書物が詰まった収納棚、使いやすい機能的なデスク、REISMのプレゼントでもらったというリグナのテーブルも、ガラス下にディスプレイする本を厳選。細部にいたるまで、とても知的な印象を受ける。

「むき出しのダクトやコンクリートの質感まで好き。収納は多いし、まさに言うことなしの部屋です。」

自宅でも、仕事や勉強はよくする。そしてそれ以外の時間はほとんど料理を作り、作った料理を食べながらキッチンのカウンターでくつろぐ…。

引っ越しを機に、激変したN.Sさんのライフスタイル。部屋で過ごすすべての時間が、自身を高め、昇華してくれるものとなった。

N.Sさんが高校生の頃に出会った一人の教師が今の道へと導いてくれた。ずっと勉強し続ける姿勢と味の探求はこれからもきっと変わることはない。N.Sさんの毎日は、今こうして自身にふさわしい空間で優雅に営まれている。

hito_035_12 hito_035_13

壁を傷つけずにテレビを壁に掛ける賃貸マンションならではの方法は、REISMの担当者が教えてくれた。実家から持ってきたお気に入りのイス、ベッド、机は心を癒し鼓舞してくれるよりどころアイテム。

hito_035_14 hito_035_15

ウォールアートもコーヒーの麻袋を使ったインテリアも、自身のセンスで。ピシッと引き締まった匠の厨房のような部屋に、居心地の良いカフェのようなおだやかさをほどよくミックスするインテリアの上級テクニック。

Text: Yuzuka Matsumoto
Photograph: Yoshinori Tonari

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP