HOME  >  REISM・な・マチ  >  File No.28 これぞTOKYO!シンボルが集まる『大門』

REISM・な・マチ

一人暮らしの部屋を一歩飛び出せば、そこに広がるのは刺激に満ちた街並み。
自分のセンスとスタイルを持つ人は、決して部屋だけにとどまらず、
自分を取り巻く環境も一緒に「住みこなし」、毎日を楽しく過ごしています。
新たな出会いや楽しみという名のエッセンスを探して。
ライフスタイルをもっともっと豊かにしてくれるような、素敵な街の一部をご紹介します。
さあ、REISMな街へ出かけましょう。

これぞTOKYO!シンボルが集まる『大門』

都営大江戸線・浅草線が乗り入れし、都営三田線「御成門」「芝公園」も徒歩圏内にある「大門」。5分ほど歩くとJR山手線や京浜東北線に加え、羽田空港への玄関口である東京モノレールの発着駅「浜松町」が近くにあり、さらに進んだところにはフェリー乗り場である竹芝桟橋と、電車、飛行機、船の全ての乗り物へのアクセスが可能な驚くべき利便性を持つエリアである。上を見上げれば東京のシンボル東京タワーがそびえ、「増上寺」や「東京都立旧芝離宮恩賜庭園」など日本風情が感じられる四季折々の素晴らしい風景を楽しむことができる、まさに東京の機能美と自然美を一度に楽しむことができ、ここ近年は開発も進み多くの人を魅了し続けている街である。

イメージ1

港区ならではのスマートライフは
住むにはもってこい

「大門」の駅から地上に出ると、駅周辺は高層ビルに周りを囲まれていて多くのビジネスマンが忙しく行き交う姿が見られ、一見住む街としては考えにくいように思えるかもしれない。しかし、道幅は十分に広く、坂の多い東京だが、このエリアは全くと言っていいほど坂は見られず平坦な道が続く。そのため自転車でもあれば銀座、品川などへも快適にアクセスすることができ、東京タワー周辺やベイエリアには緑豊かな道路がきれいに整備されていて、ジョギングやウォーキングを楽しむ姿も多く、その環境を見ると生活しづらさは全く感じさせない。閑静でうす暗い都内の住宅街よりも、スマートにプライベートも楽しみたい人にはまさにうってつけと言えよう。

イメージ2

最先端カルチャーと
受け継がれた歴史が集まる街

このエリアでは休日になると竹芝客船ターミナルでイベントを行っていたり、少し足を伸ばせば、あの「ライオンキング」などで有名な「四季劇場」や日テレがある「カレッタ汐留」にも行くことができたり、生活の中に新しい文化を身近に感じながら楽しむことができる。その後ろには隅田川から続く東京湾が広がり湾岸エリアを望みながら日々の喧騒を忘れ、ゆっくりとした休日を過ごしていただくのもオススメ。素晴らしい庭園を持つ「浜離宮恩賜庭園」、さらに先には「築地市場」へもふらっと散歩がてら行くこともでき、駅周辺の高層ビル街から、歴史から下町情緒まで存分に堪能いただけるエリアはここしかないだろう。

イメージ3

実は生活密着型。
気分に合わせた食スタイルを。

都会の雰囲気、周辺施設も申し分ない「大門」だが、もちろん生活に必要なものもそろえることに困ることはない。簡単なスーパーを始め、薬局なども商店街の中に集まっている上、その商店街の先には「港区役所」や都市銀行支店もあり、ちょっとした手続きなども煩わしさを感じさせない。また、これだけのオフィスビルと、多くの乗り換え客や観光客が集まる「浜松町」だけあって、飲食店も数えきれないほど広いエリアに点在している。大通りを見ても、チェーン系居酒屋が目立ち、路地も多くある中でどこに行けばいいか分かりづらいが、そういう人はまずは大門と浜松町の間のブロックを散策していただきたい。この界隈にはお墨付きの隠れ家系飲食店が多く、そこに行くために途中下車する人もいるほど。ちょっとオシャレに行きたいときは東京タワー方面のレストランなど気分によって楽しめるのも観光スポットとオフィスが混ざり合うこのエリアの醍醐味だろう。

※この記事は、REISM MEMBER NEWS(2014年5月29日配信)のアーカイブです。
REISM meets Rigna