HOME  >  REISM・な・マチ  >  File No.25 センスと人情味を持つ近未来都市『池尻大橋』

REISM・な・マチ

一人暮らしの部屋を一歩飛び出せば、そこに広がるのは刺激に満ちた街並み。
自分のセンスとスタイルを持つ人は、決して部屋だけにとどまらず、
自分を取り巻く環境も一緒に「住みこなし」、毎日を楽しく過ごしています。
新たな出会いや楽しみという名のエッセンスを探して。
ライフスタイルをもっともっと豊かにしてくれるような、素敵な街の一部をご紹介します。
さあ、REISMな街へ出かけましょう。

センスと人情味を持つ近未来都市『池尻大橋』

渋谷駅から田園都市線で1駅、歩いても20分程度で行くことができる「池尻大橋」。旧山手通りと246号線が交わり、付近にはタワーマンションやオフィスビルが並ぶため、日中は多くの交通量と道行く人で賑わっている。渋谷以外にも、「中目黒」や「三軒茶屋」など人気のエリアも徒歩圏内で、京王井の頭線「駒場東大前」など他の路線も使用することができ、しかもバスも2分から6分間隔で運行していて通勤などのアクセスは非常に便利。駅の周辺にはスーパーや郵便局、銀行はもちろん、大型の病院など生活に必要なモノは全て揃っていて、都心に近いロケーションながらも「住みやすさ」に重点が置かれた、利便性の高い街として以前から絶大な人気を誇るエリアである。

イメージ1

駅周辺から一変。
自然に囲まれた
都心ライフをどうぞ。

「池尻大橋」の周辺にはとにかく自然が多い。再開発された大橋ジャンクションにはガード下からは想像もできない、「目黒天空庭園」と名付けられたループ状の屋上公園があり、晴天で空気が澄みきった時には遠くに富士山を眺められ、そのベンチには読書をしたり会話を楽しんだり、自然の中でゆっくりとした時間を楽しむ人をちらほら見かけることができる。他にもスポーツ施設も備える巨大な「世田谷公園」を始め、「東山公園」など閑静な住宅街の中にも自然を感じられるスポットが駅周辺に多くあるため、休日に都会の喧騒を忘れて、のんびり散歩などしてみるのもこのエリアならではの楽しみ方の一つ。目黒川の桜といえば「中目黒」が有名だが、この「池尻大橋」の方でも楽しむことができ、秋には自衛隊駐屯地近くのイチョウ並木が黄金に輝き、四季それぞれの自然を堪能いただけることだろう。

イメージ2

ハイセンスに囲まれた街で、
生活センスも一段とアップ

周辺に人気のエリアが多いことに加え、東山や三宿エリアには芸能関係のプロダクションや音楽スタジオも多く、この界隈には遅くまで営業しているオシャレな飲食店が多く並ぶ。246沿いにはチェーン店も目立つが、1人でも気兼ねなく入れそうなバーなど身近に感じられそうな店が多く、反対に目黒川沿いには、知る人ぞ知る隠れ家的なハイセンスな店を見かけることができる。また、三宿通りを始め、このエリアにあるお洒落なインテリアショップの存在感も大きく、周辺のオシャレカフェなどを参考に、部屋の家具を買い揃えたり、住んでいるだけで刺激を受けられる。わざわざ出かけずとも地元でオシャレな都会生活を楽しめることも「池尻大橋」の大きな魅力なのである。

イメージ3

新旧の東京の空気を
贅沢に独り占め。

「池尻大橋駅」東口を出るとすぐ、小さな八百屋や飲食店、専門店が並ぶ、小規模な商店街がある。最近では再開発されたエリアに生活必需品が揃う店がいくつか新しくオープンしていて、この商店街が非常に便利で必要というわけではないが、歩いていると地元ならではの温かみ感じられる店が多く、中でもこの商店街を奥に進んだところにある、昭和3年に創業された老舗の銭湯など昔から「池尻大橋」にいる人と触れ合うことができる場所がいくつもある。一見、ガード下の大通りに面した、雑多なイメージが強い「池尻大橋」だが、今では再開発も進みどんどん街並みがきれいに整備され、大通りを少し入ると人情味感じられる風景も残りつつ、オシャレな雰囲気を楽しむことができる、まさに「住めば都」、自分のライフスタイルに合った生活を送っていただけることだろう。

※この記事は、REISM MEMBER NEWS(2014年2月28日配信)のアーカイブです。
REISM meets Rigna